現 状

賃貸住宅は今、余っている状況です。

同じようなライバル物件がひしめきあう中で、入居者に選ばれるような部屋になる為には、魅力的な部屋を提供し、差別化していかなければなりません。

1回の内覧では平均して3軒の物件を案内される。見た部屋の中で一番のインパクトを与える努力をする。

課 題

・賃貸経営=大家業

・空室による、収益減

・費用対効果のある、採算のとれる投資

・大家さん目線の提案

・付加価値をつけて家賃の値下げ競争に勝つ

・親からの相続→建て替えに比べて、費用対効果が高い

対策のポイント

・物件をブランディング

・デザインリノベーションで家賃収入アップ

・リノベーションは「守り」ではなく「攻め」の空室対策

・リフォーム=再生、リノベーション=デザイン性をもって、物件の価値をあげる

・バリューアップを行い、1日でも早く入居者に選んでもらえる部屋にし、1日でも早く空室を埋め、1円でも高く家賃がいただける部屋つくり

・インパクトのあるデザイン性と居住性を両立させる

・賃貸物件に特化したデザインリノベーション専門のデザイナーに依頼する